魂の在り方と意識・感覚

自分を信じていないから

the Universe loves you



自分を信じていないから、

答えを外へ探しに行く。


自分を信じていないから、

誰かに背中を押して欲しいと思う。


自分を信じていないから、

占いやカードの結果に
「まさにその通り思ってたんですー!」
っていう。

自分の中にあった答えと、誰かのアドバイスが一致してて喜んでいるなら、

あなたはまだ、【とことん自分を信じていない】という段階にいる。

自分を信じきっているのなら、

探しに行かなくても答えはやってくるし、

何を聞いても確認しても、全部同じ結果が出る。


そして思う。

そりゃ、当たり前だ。

シンクロに喜びもしなければ、
感謝も感激もしない。


でも、傲慢とも違う。

深い深い所では、
全てが当たり前。

半月ほど前、ふと思った。

なーんだ、【この世界が】私のことを愛してるんじゃん。
どうしようもなく。

それなのに、なにを恐れる事があろうか。

なにを怖がることがあろうか。


それでもね、「コート取りに帰る時間がないから、アパートに持ってきてー(>人<;)!!」って母に電話したら、
柿と洋ナシ(しかも切って爪楊枝までついているw)とおにぎりを添えて家まで持ってきてくれて。
そんな時には

「ありがとう」

って言葉じゃ全然足りない気持ちになるし、

ベジタリアンになって困らなかったんですか!?
って質問されるたびに、

うーん、周りの人たちが「ベジタリアンになりたい」私を受け入れてくれて、
一緒に(仔羊まるごと焼いちゃおうぜ)BBQにすら誘ってくれてかつ野菜担当にしてくれるし(笑)、
飲み会だって、サラダ恵んでくれるし、
お肉入ってるメニューしかなければ、お肉の部分友達が食べてくれたし(昔はエキスは許容してました)、
会社の取引先が出してくれたハンバーグを無理して食べたら、食べ終わってから「ベジタリアンの癖に食べたーーー!!無理しなくても言ってくれれば、食べてあげたのに!!」って言ってもらえたし、
(人生最後のハンバーグだったな。マズイとしか思わなかったけど)

むしろ、想像以上に

「え?私ベジタリアンでいていいの!?」

って思わせてくれたのは周りの肉食友人たち。


って事を思いかえすたびに、

ありがたいなぁ〜。周りの人のおかげだなぁ〜。

と手をあわせて頭を下げたくなります。

グルの言葉に、
先生の助言に、
先を歩く方の話に、
数々の奇跡の縁に、

歓喜の涙を流すこと数知れず。

それでも尚、真実のところでは、

表面上の感謝やありがたみも喜びもない。

悲しみや恐れがないように、

喜びもない。

ただ、愛のみが存在する。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です