魂の在り方と意識・感覚

仏陀の祝福

サールナート 鹿野苑

2012年7月のことです。

仏陀からの灌頂を体験した。
その体験から抜け出てきて、ぼうっとしている時に、
最初に部屋に入ってきたのは、
2年ぶりに一時帰国していた、海外に住む従姉だった。
(ヨガのレッスン前で、借りていた和室で瞑想をしていた)

1、2時間前に連絡が来て、ちょうど近くで用事が終わるから、レッスンに行くよ、という話になったのだ。

2年ぶりに会って開口一番、私は、

「今、仏陀に会った・・・」

と言った。

そこで何を体験したのか、
おそらく言葉では全く説明できていなかっただろうけれど、
従姉は受け止め、喜んでくれた。

仏陀との葛藤を、それまでもよく聞いてくれていた従姉が、
あのタイミングで会いに来てくれた事自体、全ては祝福された計画だったのだろうと思う。

従姉に一通り泣きつかなければ、
とても、その後レッスンなんて出来なかったと思う。

ボーッとして、言葉も直ぐには出てこなかっただろう。

その後の1ヶ月は、とにかく意識の世界にいた。
誰とも不要な会話をせず、ネットからも離れ、とにかく早く自分の部屋へ戻って、瞑想したかった。

意識が、「空」を掴めなくなる(波動が低くなって認識できなくなる)ということがないように。

その時の体験を、書こうとしたけれど、書くべきではないと思った。

なぜならば、多くの【幻想に逃げ込みたい病】の人たちは、
人の体験談を通して、【体験を作り上げる】からだ。

仏陀の灌頂という体験を、いつか作り出して、
「私も体験しました!」
と言われたところで、それが本当の灌頂であることは少ないだろうと思う。

とにかく、いまはまだ言うべきではない。

これを読むであろう誰かの準備が出来ていない為に、
灌頂や悟りや神秘体験の情報を書けば、
その人は返って、Mukthiから遠ざかってしまうから。

意識が違い過ぎれば、一緒にいることはできない。

この数週間、ずっと浮かんでくるキーワード。

幻想に逃げ込むことを求める魂ではなく、
気付く事の出来る魂が、
本当の意味で私を必要としている。

「悟りたい」「私ってスピリチュアルな素質を持った人間なんです」って言っていても、思っていても、

申し訳ないけれど、ステージが全然違うと感じることは、今までに何度もあった。

多くの人が、2合目にいて、

3合目に4合目にいる人の言葉を聞いて目指すだろう。
そして、せいぜい目指す目標は5合目だろうか。

私は、自らも10合目を目指しながら、
同じ10合目を目指せる人を相手にする。

たとえその人がまだ、2合目にいても、
見つけ出す事はあるだろう。
あなたは、10合目を目指しなさいと、言うだろう。

私がそうやって見つけてもらえてきたみたいに。

でも、基本的には、4合目を越えてさらに上を目指す人にしか聞こえない。
6、7合目を通り抜けようとしている人ほど、
「私」の声を必要としているから、

私は、その人たちを相手にしなさい、

と言われているような気がします。

そして、その為に取り組むべき内なる課題は、まだまだあるのだな〜と感じています。
カルマって途方もない量なのね。

そして、「私ってスピリチュアルなんです」という自覚は・・・、
往々にして、私には「もののけ」の感覚がします。

近づいてはいけないと感じる神社のような・・・。
低い波動を好む人は、低い波動のまやかしに魅入られ、そしてそれを神と崇める。

パワースポットと呼ばれる場所の本当のパワーを、ありのままに感じられる人はどのくらいいるんだろう。

低級霊のささやきに魅入られ恍惚状態になって、「清らかでスッキリする」と発言する人たちは、
自分がその波動から抜け出さない限りは、自分の場が汚れているなんて気がつかないんだろうなぁ、と、そんな事を最近は考えています。

土地のエネルギーも日々影響していくので、
これからは、毎日をできるだけ近所(エネルギーのいい土地)で過ごせるようにしよう、と考えています(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です