魂の在り方と意識・感覚

誰のせい?

ここ数日、同じ言葉しか浮かんできません。

問題の原因を自分の中に見つけられない限りは変われない、変わらない!!!

ヨガの質問に答えていても、
友人の悩みを聞いていても、
仕事の愚痴を聞かされていても、
ビジネスの相談を受けていても、

全部思うことは同じなのです。

自分の問題を受け止めて、そこを変える気がないのなら、
どんな特効薬も、どんな打開策も、活かすことができません。

この一週間、特に相談や質問が多かったです。
特にスピリチュアルな事ではなくて、とても日常的な事で。

ーーーーーーーー

いくらアイデアを出しても、その人たちのお互いの誤解を解いてあげようと間に入っても、
お互いに自分の問題を改善させる気はもちろん、自分に問題があるという部分には目を向ける気すらない。
という状況です。

「状況を打破したくないのなら、そして私が間に入って動くことを望まないのなら、ちゃんと言ってください。」

と言うと、「自分は変える気があるから、よろしくお願いします。(でも、あの人はどうせ変わる気はありませんよだから困っているんです)」といわれます。

自分自身では、【自分の問題から目を背けていて、そこに目を向けられるのが嫌だとあらゆる方法で拒否している】ことにすら気づけないんだな。

というのが、ここ最近私の心を占めています。

ある意味、レッスンに来る方達を相手にするのはずっとずっと楽です。
特にプライベートレッスンに来る方は、

問題を指摘されるのは嫌、
指摘されなくたって自分自身で気づいてしまうのも嫌!!

って思って抵抗していたって、

「それでもそんな抵抗を続ける自分自身のこともいい加減卒業したくて」

レッスンにやって来るからです。
(もしくは、自分を変えたくないから、通うのやめるか)

だからレッスンでは、それぞれのペースは違っても、
同じ方向を向いていこう、と声をかけれることの容易さよ。

ーーーーーーー

一旦、話を生徒さんに切り替えます。

質問や感想、現場の想いなどのメールを読んで・・・

「あぁ、ブログに書いてあることの【真意】は伝わっていないんだ。」

と思うことが多々あります。

言葉の上では、受け止めて「理解して」くれて感激してメールくれたりします。
でも、付随してる「現状」を読むと、
感動した記事は、その方の今現在目の前にあることとはリンクしていないことを痛感します。

ーーーーーー

上に書いた2つの 【私の想いが理解されない】状況で、

その人たちに思っている事が全部、

【自分の中に原因を見つけられない限り、何も変わらない】

ということならば、

私がするべきことはただ一つ。

【私の中にある原因と向き合うこと】だ。

頭で考えて、原因を探し出して、それが具体的に他の人へのアドバイスにどう繋がるか・・・・

なんて道すじではありません。

私の中にある【原因】がなくなれば、私の【世界】は変わります。

レッスンで教えてるとか、
自分が先生のところへ学びに行くとか、
そんな事を【ヨガ】と呼んでいるのではありません。

私は、ヨギニです。
いつでもどこでも、こうやってヨガをしています。

レッスンに来てくれている皆さんへ。
このブログを楽しみに読んでくださる仲間たちへ。

あなた自身の在り方を変えることで、それは、勝手に周りに影響します。

あなたが何も言わなくても、あなたの在り方から、その人は学ぶでしょう。
あなたが自分自身に向かって歩んでいくほどに、
あなたは周りを導くことになります。

それが何より大切な事です。
目に見える結果ではなく、あなたの内へと目を向けてください。

頑張りましょう(^ ^)♪

【翻訳】「目覚めていない人達」にどう対応したらいいか 覚者ムージのアドバイス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です