魂の在り方と意識・感覚

承認欲求




承認欲求って誰にでもあるけれど、
それを求める意識レベルと全く違うレベル(次元)での意識も同時にあるので、

他人が自分のことを承認するかどうかって、不安やおそれの解消にはなんら関係ない、と思います。

以前は、自分のやってること認めて欲しかったし、認めてもらえなければそれは怒りに変わった。

でも今は、他人が私のことを高く評価していても全然評価していなくても、
私の「核」の部分は、影響を受けていないということに気づいています。

さみしくもないし、嬉しくもない。

安心だけがあります。

ただ、私の意識はまだまだその次元に留まっている割合が小さくて、
以前と同じレベルにもたくさん残っているので、もちろん嬉しいことばをもらってホッとしたり、またそのやり取りの中で生まれる交流を楽しんだりはするけれど、

「自分に言って欲しいことを言ってくれた」という事象に心が満たされる事って、ほとんどないです。

太陽は、自分で輝いています。

瞑想者は太陽になる、と先生が言っていました。

月は光、そして光との間に立って陰を作るものの影響を受けます。

太陽は、発する側なので、その影響を受けません。

ってことかな。

一方で、私の心に陰を作ってくれる太陽と地球の「お陰様」でここに影が出来て私が存在していますよ。

っていう意味のお陰様というのも真実だと思う。

柔軟に柔軟に。

感じる心が柔らかい人ほど、決めつけない人ほど豊かに花開いています。

焦らず慌てず、気楽に。

私になろうとしても無駄ですよ。

私は私でしかない。あなたは、私には一生なれません。

私は、あなたには一生なれません。

自分の心を否定する限り、真実は断片的にも見えてこないと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です