魂の在り方と意識・感覚

ここでヨガを始める訳

瞑想ルーム

ヨガの為に、小さな部屋を借りてそこで極力物を置かず、朝晩の瞑想に集中できるようにしました。

そしてそこで教え始めています。

私が瞑想を朝晩毎日行うことで、その場所の磁場が整っていく、と思ったから。

今まではすべてレンタルスペースでしたが、
行って何もせずに行う時と、1時間でも瞑想をしてから行う時では、空間の静けさが違います。
私が少しずつ成長するに従って、浄化して場を整える力も少しずつ増していると感じていました。

どうしても、不特定多数の人が様々な目的で使う場所はエネルギーがざわついているのです。
高い低いはおいておいて。

ま、そんな気持ちから部屋が欲しいなぁと思いつつ、
どこがいいだろう?
エネルギーのいい土地がいい。どこ?
と考えていたら・・・というより、常に土地から受けるエネルギーの状態に耳を澄ませて(?)いたら、
結局私にとっては、生まれ育った場所が一番波長が整う、という事に気付きました。

本当は違う街へ行きたかった(笑)

けれど、かなり強い直感で、ココ!と出ていたし、
特にこの辺り、と目をつけていた半径100〜200メートルくらいの範囲に条件のいい物件がなかったら、「やめる!」と決めていました。

でも不動産屋に行きたくない。
なんて言えばいいかわからない。
馬鹿にされるかもしれない。
物件見つからないかもしれない・・・。

そう思って、一ヶ月も「行動しなさい、絶対にうまくいく」というメッセージを無視し続けた。

そして、とりあえず不動産屋に行ってみるだけ、と向かいながら、
地元の神社を通りすぎながら、
神様、この行為が私にとって必要ならサポートしてください、
必要じゃない行為なら、うまくいかないようにしてください。
・・・1件目でうまくいかなかったら、やらないからね。

と宣戦布告した(?)ら、

この土地で始める意味というのが伝わってきた。

私が生まれた場所。
この神社に護られた町。
大和朝廷の頃から強力に守られていた場所。

今は活気を失っている町。

私は公に大きな事業を展開していくわけじゃないけれど、
毎日祈り、少しの生徒さんたちと心を共有し合う時間を積み重ねて行くこと、
そういう小さな小さな幸せの積み重ねを、望んでみえるんだ。
私だけじゃなくて、みんなにそうやって、大切な人と心を通わせて小さな幸せを積み重ねながらここで過ごして欲しい、と。

エネルギーの高い場所低い場所は実際にあって、
人気のエリアでも、絶対に住みたくない場所もあるけれど、

誰にとっても、生まれ育った場所というのは、
そこに生まれた理由があるのだと思う。

ちなみに、

この神社に護られている事を表す住所であるこの部屋を、
一件目の不動産屋で見つけ、
他は全く見ずに決定しました。

番地も部屋番号もメッセージ通り。

条件も良く、交渉も勝手に(笑)とても上手くやってくれて、大家さんの許可もあっさりと。

場所が、想定していた半径200メートルの中でも、そのほぼ中央、ここを中心に探したいと思ったところ。

ここを中心にこの辺り、どころか、私は「ここ!」が良かったんだろうね(笑)

そして、一ヶ月過ごしてみて、
スーパーへ買い物へ行ったりしながら、300mくらい離れるともう「ちょっと・・・ないな。」って思う。
そういうところの方がマンション多かったりするのだけど。

改めて、いい場所だなぁと思いながら過ごしています。

この部屋に入ると浄化が始まるらしく、
私自身その強さにちょっと驚いています。

それを期待して部屋を持ったのだけれど・・・それでも。

1、2回目はぎゅっと力を入れて抵抗してしまうかもしれないけれど、
ここにはよくありがちな「ちょっと低目の想念」なんてものがないので、安心してください。
力を抜いて、自己に委ねてしまって下さい。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です