魂の在り方と意識・感覚

仏陀の教え

あなたは都へ帰って仕事を続けなさい。
どんな仕事をしていようと
どういう身分であろうと
悟ることができるのだ。
いつも次の事を考えなさい。

いま 自分は何をしているのか。
自分のしていることは、自分にとって大事な事なのか。
人にとって大事な事なのか。
国じゅうの人にとって大事な事なのか。
世界の人にとって大事な事なのか。
この自然にとって
あらゆる生きものにとって大事な事なのか、よく考えなさい。

そして、もし「そうでない」と思ったら、やめるがよい。
なぜなら、この世のものは
みんな一つに繋がっているからだよ。

ー 手塚治 「ブッダ」より。

自分も出家して仏陀の下で真理を学びたいと言った人に対しての仏陀の答え。
真理は、出家して得るものではなく、自分の責任を果たすことの中で見つけられるべきものだということだと思います。

瞑想の先生のグルも、いつもこの事を説かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です