魂の在り方と意識・感覚

神の伝言 – とあるソウルメイトの話

とある国の、
建設中のゲストハウスの屋根の上で、ババは泣いている男に言った。

「彼女はこれから、この場所で、多くの魂を導き、また癒すでしょう。
 神を理解する者のことを、理解できる人間は少ない。
 誤解され、傷つくことも多いでしょう。
 君が彼女を理解し、支えなさい。
 彼女には、君の支えが必要なのです。
 大丈夫、彼女は君に幸せを運んでくれる。何の心配もいらない。
 彼女が君を幸せにし、そして君の孤独を取り除いてくれる。
 君は、彼女を守り、彼女の使命を支えなさい。
 彼女は、かつて君の下で学んだ。
 今生では、君は、彼女の使命(人々を導くこと)を支えることを通して、彼女の霊性をさらに向上させる義務があるのだ。
 君が、彼女を成長させる(機会を用意する)のです。

 君たちには、もうしばらくは試練の時かもしれないが、それを過ぎれば、何の心配も要らない。
 今が、忍耐の時です。
 彼女の魂を、信じなさい。」

全く別の場所で、ババは彼女に言った。

 「彼の心の奥に宿る、光の純粋なことを、知っていますね?
  彼は、あなたの師です。
  あなたは、彼の生徒です。
  覆われている彼の心を、彼の霊性を、あなたが引き上げてあげなさい。
  あなたは、彼の魂の崇高さを知っていますね?
  あなたは、彼がその魂を発現する時の為に、彼が自身の可能性に気づくために、
  彼のために(少し先回りをして)学んでいるのです。
  あなたのグルであるあの人の魂を導きなさい。
  それが、あなたの使命です。
  あなたは、尊敬する魂(彼)のために、この道を選んで生まれてきたのでしょう?
  しっかりと、進みなさい。」





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です