魂の在り方と意識・感覚

私の使命

2013年に書いたシリーズです。
あの頃の私は、答えを外に求めていた。

私は何をしたらいいですか?

私「ババ、ナーラーヤナ神、私は一体、何をすればいいんですか?
具体的に教えてください。」

あなたはただ、私に仕えなさい。
私の方を向き、私を求めなさい。

私を想い、私を信じ、ただ私とともに在りなさい。

あなたがすべきことはただ、私を想い私を呼び続ける事だけです。

私 「でも、働かなければいけません。
お金を貯めないと、インドへも行けません。グルジに会いたいのです。」

あなたの仕事は、私を想うことです。

どうやってヨガを教えようか、どこで教えようか、考えることも画策することも辞めなさい。

あなたはただ、私を想い私と一つで在りなさい。

それ以上に、あなたが人々に役立つ方法はありません。
あなたの使命は、私を呼び、私と共にいることです。

あとは、全て私が用意します。

私が生徒を呼びます。
あなたの生徒ではありません。私の生徒です。
あなたは生徒ではなく、私を思いなさい。
あなたが行うよりもずっとずっと、彼らを導きます。

あなたの使命は、私の手足。

私を想い、私を見なさい。

その姿が、何よりもあなたの周りの人々を輝かせます。

(生徒さん一人一人の顔が思い浮かんで)
あなたは、縁の下の力持ちです。

Aさんの魂が輝いていくと、Aさんはこうやって、光を周囲に広げていきます。
Bさんの魂が輝いていくと、Bさんはこうして光を周囲に広げていきます。
Cさんは・・・、Dさんは・・・、

彼らの役割が見えますか?

それがどれほど素敵な行為かわかりますか?

彼らの人生がうまくいくように、輝くように、
彼らが彼らの使命を果たすように、
あなたは支えるのです。

私 「でも・・・、私は一体、何をしたら・・・?」

私を想い、私を求めなさい。

私が、彼らを輝かせる。

あなたは、ただ、私のことを愛していなさい。


それが、あなたの使命です。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です