魂の在り方と意識・感覚

目的



今、心に決めている事があります。

それは、「出来るだけ早く先生の先生に会う」こと。

春を目標にインドへ行きたいのですが、その時に会えるかどうか。

会えるために、最大限頑張ろうと決めました。

でも、多分多くの方が思う「そのためにすること」とは全く違うと思います。

話をしていて、「あ、私が世間とズレてるんだ」ってまた気づいたのでシェアしておきます。

次のインドで高僧にお会いするために、何をしたらいいでしょう?

その山へ行くルートを調べる?

その人に会うために、ツテを辿る?
行動を聞き出してもらう?
その山までのタクシーは手配しとく?
現地ガイドに頼む?

・・・どれも、一切しません。

ただ、この部屋で瞑想して、浮かんでくる何もかもと向き合います。

私がグルに会うために出来る唯一の方法、それは、
「天に、この子(私)は今ここでこの知恵者(高僧)に会うべきだ。」
と思ってもらうこと、だと思っています。

何だろ、幼い頃に「お天道様が見てるから」って思ってたのによく似た感覚。

だから、「急ピッチ(でも焦らず)で自分を成長させよう」って決めました。

だから、今するべきことはルートの手段を調べることでも何でもなくて、

「自分を更に知ること」

だけだと思うんです。

急ピッチで成長しようと思ったら、
めちゃくちゃ地道になります。

なんの根拠もなく、そう確信してるからです。

人からみたら、「あー、大変そう」とか「辛そう」とか「間違ってる」って見えるかもしれないけれど、

見えるところなんて全然問題じゃない。
見えるところ、語れるところ(言葉)なんて事象のほんの一部でしかないのに、

そんな1%の中だけでもがくよりも、1%と99%をひっくるめて扱っていきたいです。

だから、結局、その方が成長できると・・・思います。

多分ね。

ちなみに、いくら用意周到に準備して会いに行っても、
会うタイミングではなかったり、会うべきでなければ、絶対に会えません。
「たまたま」グルが出かけてしまった。とか、
「たまたま」事故が起こってたどり着けなかったとか
「たまたま」他の先生に美味しい話を持ちかけられて(例えばダンスの先生にステージに立とうとか言われて)、そっちを選んでしまったり・・・、

そんなことになると思うので、
コントロールなんて一切きかない。

だからこそ、「天がこのタイミングでここに」って思って采配してくれるといいなーと思いながらも、

「その通りじゃなくても行くベキ所にきちんと導かれますように」

って気持ちで、とにかく必死に課題を消化中です。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です