魂の在り方と意識・感覚

著者本人