魂の在り方と意識・感覚

WordPressで自分ブランドを育てよう

Hayatt Regency インドにて

WordPressの作成には興味ないよ、という方は、前半は飛ばして後半の「セルフブランディング」の部分を読んでね。
後半では「セルフブランディングなんて興味ない!」という人にもぜひ考えてみて欲しい、[評価のめっちゃ低い10年も前の本を私がイチオシする理由] を書いているよ!

友達にブログの作り方を教えたよ

Gちゃんがブログ始めたってよ!

15年来の友人に「Wordpressブログの作り方を教えて!」と聞かれたので私が使っているものをお伝えしました。
こうして「私もブログやってみよう!」って行動してくれる人が身近にいるのは嬉しいですね。
ちなみにこのGちゃんは、この記事の後半で書いた、私のブログ人生の初期の初期から繋がっている数少ない貴重な友人です。

私はそもそも友人との連絡の取り方・距離の取り方?がわからなくて、Facebookとかブログのない世の中だったら数年以上付き合える友達ってゼロなんじゃないかと思います。
インターネット時代に生まれて良かった。ありがとう。

で、教えたのは確かに私なのだけど、Wordpress 2日目にして既に友人のブログの方が見た目も文章もまとまりがあって見やすくて、センスの差を痛感しています(^^;)
「え、同じWordPressテーマの「STORK19」 を使ってるのにこんなに出来が違うの!!?」って思った。
(「まだ恥ずかしいからブログではリンク載せないで、もうちょっと待って」、と言う事なので時期がきたらリンクを貼ります。十分美しくて見やすいのに。目指してる高みが違うわ。
→ twitterではシェアしてるよ!気になる人はチェックしてみてください!)

私も読みやすい文章を学ばせていただこうと思っています。

一緒に頑張ろう!

WordPress<超>初心者の私はこうやって作ったよ。

作り方が全くわからなかったので、無料で諸々の設定サポートが付いたサービスを活用しました。

  1. お名前.com で独自ドメイン取得 
     → selfrealisationfarm.com と言うのが私の独自ドメインです。
  2. mixhostでレンタルサーバー を借りる
     → Wordpressクイックスタートがあるので設定は全部お任せ。
  3. WordPressテーマ「STORK19」 という有料テーマの購入
     → 同じSTORK19を使ったDEMOページ で使い方や機能が詳しく書かれているから読みながら記事を作っています。

1. ドメイン

始める前は何もわからなかったし、そこまで調べてもいなかった私だけど、
とりあえずお名前.com でドメインを取得したら、必ず必要な設定(Whois情報など)についての案内を送ってきてくれるので、適宜必要な設定をしていくことができました。
上級者には不要な案内かもしれないけれど、ドメインを取得して自身のサイトを全く初めて立ち上げた私にはこれらの案内やサポートはとても役に立ったよ。

.xyzや.tokyo などのドメインはタイミングがよければ1年99円〜取得できるみたいなので、今後ブログやホームページを分野・専門別に分ける場合でも2つ目を作りやすいと思いました。
(結局このブログが雑記ブログになってしまったけど、最初はヨガとアグロエコロジーの事だけを書こうとしていたんです)

2. サーバー

Mixhostのレンタルサーバーも、1つのサーバーレンタルで複数のドメインを登録できるのでこれも2つ目を作るとしても追加費用がかからないからいいな!って思ったのと、
とにかく安く始めたかったので、キャンペーン中に申し込めてラッキーでした。
(今もキャンペーンしてるみたいで、Gちゃんも半額で始めたって→ Mixhost月額880円からのパワフルで高速なクラウド型レンタルサーバー

Mixhostに無料でついてるWordPressクイックスタートを使ったので、Wordpressの設定の仕方とかは何もわかっていません。
必要な項目を入力して待っていたら、使えるようになっていた、みたいな感じ。

3. Wordpressテーマの設定

実は昔、仕事でWordpressは少しだけ使ったことがあるんです。
ドメイン取得もサーバー設定も会社で行われていたから、本当にブログの記事を更新するだけだったのね。
その時に、有料テーマを使わずに無料テーマだけでホームページとブログ記事を作ろうとして・・・私だけじゃなくて他の社員も含めて使いづらさに挫折しました。笑
ブログの構築をすることが仕事だった訳じゃなく、あくまでも営業のプラス要素として、情報発信の為にブログを更新することが目的だったから、その前段階(ブログ設定)からやれと言われても、そこに割く時間も労力もなかったし、有料テーマをダウンロードする予算はあったけど、どれを選べばいいのかわからなくて結局決まらず・・・。

そんな経験があったので、私は「ここでケチってはだめだ!」と思って迷わず最新のStork19を購入しました。
でも私は正直、もう少し安い「アルバトロス」 でもシンプルで良かったかなって思った。

(でも、Gちゃんが同じStork19を使ってすごくカッコイイページを作っていて、有料テーマだったらどれも使いやすさはほぼ同じで、あとはセンスの問題なのだと知りました。(涙))

ちなみに、お名前.com でもサーバーを借りることができるし、mixhost でもドメインを取れるよ。
私は色々検討する手間を省きたかったので、「安く・快適に・読み込みが早く・見やすい」ページを作りたいとWordpressに長けている知人に相談して、全部オススメ通りにしました! 
インドから携帯で日本のHPやブログを読み込む時に重すぎてひらけないページが多々あったの。
だから、ページが重くなりづらく、スマホで見やすく、サクサク動く、「安い」サーバーを重視しました。

セルフブランディングの重要性

時間と共に文化も生活様式もどんどん変わっていく変化の激しい時代に生きている私たち。
10年前に当たり前だった事が全く当たり前じゃなくなっているし、
10年前にはまだ言われていなかった目新しい価値観が、さも昔から言われていたような顔をして今の私たちの日常、そして心の中に存在していたりする。

だからセルフブランディングなんて言葉を今更使うのも時代遅れな気がして気が引けるけれど、
それでも敢えてこの本を紹介したい。
私は10年前に読んだこの「Me2.0」が今や当たり前の事すぎて目新しさも何もない、という現実に改めて驚いてしまうんです。

当時、向上心の強い社会人の方達(当時の30〜50代)とこの本について語った時でさえ、この本に書かれた未来とWebを使ったセルフブランディングの重要性にピンとこない人が多かった印象がありますが、たった数年でセルフブランディングは自然で当たり前のものになったし、周囲でも多くの人が自分ブランドを活用して独立したり転職に活かしていくのを見てきました。

はっきり言って、この本が当時評価されなかったのは、ほとんどの人に「未来」が見えていなかったからだと思う。
著者は私と同じ1984年生まれ。日本でこの本が発売された2010年はまだ25歳だった。
当時のレビューや周囲の声を聴きながら、

「世の中はこれ程急速に変わっていっているのに、そしてインターネットの拡がりと共に今後も未知数の変化をしていくのに、たった過去60年の間だけ当たり前だった価値観や社会の仕組みがこれから先も続くと思っているのだろうか?
 何も纏わず、取り繕わず。何も持たずにただ「在る」だけでいられる事が強みになる時代が来るし、
それに向けて未来を見据え、創造するのは、旧世代の人たちではなく私たちニュージェネレーションだ。」


と強く思った事を覚えています。






← もはや古すぎて、新刊は手に入らない様子。苦笑
でも中古は格安だし、図書館にもあるかもしれないので一度読んでみて欲しい。

ちなみに私がフリーでヨガを教えていたのは2010年〜2014年ですが、
なぜどこにも属さず、チラシも作らず一般的な集客も行わずに、教室運営をできていたのか?
その理由がほぼ全てこの本の中に書かれています。
私はブログとTwitterだけで集客をしていました。
県庁所在地でもない地方都市のアパートまで、新幹線に乗って来てくれる人たちがいたのは、ブログに自分自身の思いを書き続けたからです。
当時からヨガを教えている人は無数にいた。資格を持っていてもそれだけじゃ食べていけない人がたくさんいた。

集客は多くの人に来てもらう事が目的です。
でも私は、「私に共感してくれる人」「同じ方向を目指せる人」に来て欲しかったから、私という存在をネットに提示して、そこに共感する人が会いに来られるように場所を作っておいたんです。

10年前の私の本気度!(2020年撮影)
差別化と市場性を考えることは必須。
できてない人が意外と多い。

この本に書かれている「自分ブランド」は、一般的なマーケティングの手法とは全く異なり、「私は何者か?」を自分自身に問い「私という存在を自分自身でどう定義し、どう表現して生きていくか?」という事で、
この本はそれを具体的にどう考え行動していくといいかを書いたハウツー本でもあります。

うまく装飾したり誇張するのではなく、「まず自分自身が本物になる」事の重要性が強調されています。

「◯×会社の鈴木です」と会社や組織に属する事があなた自身を定義するのではなく、所属や資格、肩書きを全て取り除いた状態で、「私は私です」とどれだけ自信を持って言えますか?

誰だって、一人ひとり異なる経験をしてきています。
あなたが見てきた事、感じてきた事、経験から学んだ事。
その全てがあなたを創り、あなただけの色、音を発し続けています。

その、「自分自身で在る事」の価値を、他の誰でもなく自分が認め、見い出し、世界に提示しよう、という事と、これからはソーシャルメディアの広がりによって各個人がメディアを持つ事ができるからそれを最大限に活かそう、というのがこの本が伝えたかった事なのかな、と私は感じています。

既に10年も前の本。そして、今となっては新鮮さも何もないので売られてもいないのでしょう。

でも、この本を読みながら2010年当時の自分と周囲の価値観を思い出し、
時代や社会が変わっても変わらない普遍的な事を探し出し、
今もまだ有効的なテクニックを取り入れつつ、
これからも変わり続けるさらなる未来を考えてみてはいかがでしょうか?

きっと今の20代前半に見えてる世界と、30代以上に見えてる世界は全く違う。
歳を取る事で得られる知見は大きいけれど、この変化の激しい時代では「経験値」に縛られて足を救われるデメリットも増えていくと思います。
だからなおさら、「まだ見えないこの先」へ目を凝らす事を止めてはいけないと思っています。

このブログについて

私は2020年7月にこのブログを始めてから、とにかくまずはWordpressとアウトプット自体に慣れる目的でここまで無秩序に書き進めてきました。

2012年〜2020年6月までの記事は、過去に私が書いた様々なSNSから転記したものです。順次過去記事が増えていく予定です。

だいぶ慣れてきたので、この辺りで私も一度初心にかえり、
これからのキャリアパス、どう自分メディアを私の人生に活用していくつもりなのか、
この本を読み返しながら再考します。

あなたも今一度、あなた自身の価値を問い直してみませんか?

一緒に人生を楽しみましょう♪



とはいえ、古い本より最新のセルフブランディング本を読みたいという方は ↓ こちら ↓

「悩んだ分だけ、君は高く飛べる!」
本当にその通りだと思います。
その悩みや苦しさから逃げるのではなく、向き合いもがき生きてきたその経験が、
そのままあなたの資産になる。

風の時代の到来ですね。 → 参照記事





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です