魂の在り方と意識・感覚

お金とエネルギー

受け取るということ。続きです。

受け取る事

先日告知させていただいたように、3月22日から料金を変更(値上げ)させていただきます。

通ってくださっている方々には、なぜ値段を変えるのか直接説明させていただいております。

どうして値上げするのか。
ブログには書ききれないこともありますが、できるだけ文字でも伝えていこうと思います。

まず、一つには、やっと、私自身が「提供したいもの」を提供できるところまで自分自身を成長させることができた。ということがあります。

今までも、もう何年も、ひっそりとですが、関わる方々には、【本物の】ヨガ、他とは全然違うと言われながら行ってきましたし、
私自身も、他とは全然違うことは自覚していました。

全然、違うに決まっています。

全然違うことしているんだから。

おなじポーズを使うことがあっても、そのポーズに対する認識は全く違います。
わたしは、ポーズに関しても、言葉に関しても、現象に対しても、 【カタチ】 としては見ていません。
言葉は言葉であって、本質ではないように、
わたしにとって現象世界(目に見えるもの、耳で聞こえるもの、肌で感じるもの)はすべて、形式でしかなかった。
ヨガを学んでいたって、教えていたって、全然ヨガと関係ないところで生きていたって、それは変わらなかった。

だから、他のヨガのクラスと全然違ってて当たり前だし、本物って言われるほど成長はできていないけど、
「偽物ではない」ことだけは確かだと思ってた。

ただ、私が伝えたいのは、こんなものじゃない。
私が見てきた 【本物の何か】 は、こんなものじゃない。
わたしを導いてくれている先生たちが秘めている光は、こんなものじゃない。

【 ソレ 】 をただ伝えたくて、教えながら、自分を鍛え続けた。

ずーーーっと提供したかった 【 何か 】 を、ようやく私にも伝えられるんじゃないかと思えるところまできました。

そして、2つ目の理由。
こちらがメインです。

割り引きして安く提供しても、生徒さんの為にならないからです。

結局、人は、与えた分だけしか受け取れない。
今まで、レッスンをしながら、ずーーーっと思っていました。

私自身に受け取る準備が出来ていなかったため、わたしは事あるごとに、値引きをしてきました。
いいよ、いいよ、と受け取らずにきました。

・・・私自身は、お金とはエネルギーだと気づいていました。
だから、自分自身は、どんどんエネルギーとしてお金を手放して払ってきた。
与えられた以上を常に、支払うようにしてきた。

・・・色々と、エネルギーの収支が見えていたからです。

カルマも同じです。カルマとは結局エネルギーだから。
例えば、嫌な事をされても、先月わたしは、自然とこう思うことができました。
「あぁ、地球の波動が今以上に高まってしまう前に、カルマの借金を返済させてくれてるんだな」と。





・・・ごめんなさい。
エネルギー(お金含む)のバランスについての考えは、ずっと書きたいと思っていたものです。
まとめるのに結構なエネルギーを使います。

実は、昨日、憧れていた方の訃報が入ってきました。
社会の問題に、真正面から向かい合い、子供たちの未来のために、自分自身のことは全く厭わない方でした。
その方の生き様から、私は本当に多くのことを学び、そして、生きる勇気をいただいていました。

この社会は、いとも簡単に、邪魔な人間を消すことができる。

そんな、厳しい現実すら、愛で変えようと、本気で動いている方でした。

本当にショックで、信じられず・・・、
いつも、勇気をもらっていたこと、
私も一生懸命、色んなことを知って、動いて、そしていつか、またお会いした時に、その方の見てるものを聞き出せるくらいに、成長したい。そう思っていたこと、
それを、伝えておけば良かった。

伝えたいこと、伝えるべきことを、今、伝えられることの有り難さを身にしみて感じるとともに、
「いつか」と言って、「今」を先延ばしにしていることが、実はたくさんあるのだと気づかされました。

憧れ。
誰かに憧れという気持ちを抱ける時、それは、心の中に、希望だったり、勇気だったり、やる気だったり、幸せが湧いてくることと同義だと思います。

ということは、私に憧れを抱かせてくれる存在というのは、
感謝してもしきれないような存在ということでもあると思います。

私には、そんな、心の奥深くに光を灯してくれるような、憧れの人がたくさんいます。
日々、その想い、私の心を照らしてくれてありがとう、ということを、もっともっと伝えながら生きていこう。

今、考えられるのは、そんなことだけです。

すみません、記事の続きについては、また改めて書きたいと思いますので、
少しお待ちください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です