魂の在り方と意識・感覚

シルディ・サイババとの会話


2013年8月の事です。

シルディサイババの本を読みながら家に帰って、ほっと一息つこうと壁に瞑想の姿勢で持たれかけた途端、
呼吸がとても深くへと意識を誘導していき、
そのまま夢なのか、起きているのかわからない状態が続いていきました。

ババのエネルギーに満たされながら眠っていると(?)、
気付いたら私はこの場所でババの足をマッサージしていました。

そのことに気づくや否や、好奇心が湧いてきます。

聖者の体には、カルマや感情の詰まりが本当にないんだろうか?
聖者の解放された肉体を、細胞の隙間までくまなく観察してみよう!

(私は、色々な情報を、人の肉体を通して読み取ってしまいます。
体の中に、記憶や感情が詰まっています。)

聖者の体を知るチャンス!!

とばかりに、ババの足を観察しながらマッサージを続けていると、
いつの間にか、ババの脛(すね)に、化膿してぐちゅぐちゅな深い深い傷が開いています。

痛いな〜

と思いながら、傷を避けてマッサージしながら、
ふくらはぎの側から足を揉んで、傷によって周囲の筋肉が収縮してしまわないように、とアプローチしていました。
そして、ふくらはぎの側からの感触で傷を観察していました。

するとババに、手を掴まれ、
「なぜここ(傷)をマッサージしない。
なぜ避ける。
しっかりと目を開いて、コレを見なさい。
手を入れて、これが何かを知りなさい。

しっかりとマッサージしなさい。」

と言われて、

「痛いよー。」

って言って涙を流しながら、

「ババ、嫌だよー。やりたくないよー。痛いよー。」

ってボロボロ泣きながら、私はひたすら傷ついたババの足を、傷に手を突っ込みながらマッサージし続けました。

泣き疲れて、いつ終わっていたのかわからないけれど、
だいぶ経ってから、ふと気づき、

疲れた〜と思って横になりました。

聖者の御足は、智慧の象徴です。
インドでは、足に挨拶します。

憧れ続けたババの御足。
触りたいと求め続けたその御足。

それに触れることができた幸福感と充実感にも満たされながらも、

「えーーーん。拷問ーーーー(T_T)」

ババの足にある傷なのに、私が手を突っ込んでも、ババは痛そうにしていない。
私は、痛くていたくて、もう手を抜きたいよーって泣いているのに、
ババの無言の「続けなさい」という命令。

その後も思い出しては嗚咽するほど泣いて、

泣いて、

泣きに泣いた。

けれど、それはいつも喜びの涙だった。

喜びが内側から溢れていき、
痛みが
膿が、押し出されて行く。

噴出。

あの頃は、とにかくババや神の光のエネルギーが私の中央に強く入り込んできて、
私を満たしているのをずっと感じていたのだけれど、

体や、まだついていけないエネルギーが叫び声をあげていて、

とにかく、「存在」しているだけでキツかった。

低い振動数から、高い振動数まで、色々な振動数が同時に身体に散らばっていて、
なんで、こんな物質の振動数に縛られていなきゃいけないのか、どうやって今まで肉体を動かしていたのか、
疑問が生じるほどだった。




変容のトンネルを抜けた・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です