魂の在り方と意識・感覚

だから、何?

9月の瞑想集中講座のあと、
色々な感覚が以前と異なり、

自分が一番、ついていけていない。

と感じる。

日々、色んな事が起きる。

色んな事を感じる。

なのに、

それでいて、

何だか妙に一定なのです。

いや、言葉にしてしまうと何だか全然違う気もするけれど。

エゴも、欠点もあって、
他人ともぶつかるし、
イラっとする事もあれば、

かわいーーー!!
って、騒ぎたくなる時もある。

落ち込むこともあれば、
ワクワクすることもある。

でも、何か違う。

【世界に対する絶対的な信頼感】が、

ある。

いくつもの次元を同時に経験していて、

その【同時性】とでもいうものに、慣れない感じ。

「何がしたいんだっけ?」

したい事はたくさんあったハズなのに、
熱い思いが湧いてこない。

こうしよう!
ああしたい!

今まで、どこから湧いてきていたのだろう?

私の中で、何かまだ「カチっ」とハマっていなくて、

でも、歯車は「カチっ」を探し出すために、
もう動き出してしまっている。

そんな感じ。

なかなか、波乱に満ちた1ヶ月だった。
それでも、常に同時に

「それでいい」

と思っていた。

すべて、まるっと、「これでいいのだ」。

バカボンのパパの言葉が一番しっくりくる。

この世で起こることは、全て
「これで、いいのだ。」

それが、妙に腑に落ちる。

でも、マインドは言う。
「これでいいのかもしれないけれど、
その中で行いもがくことがあるから生きてるんでしょ!
能動的に、主体的に、行為しろ!
全てがこれでいいなら、あんた(私)がやりたかった、世の中のためにできること、は何だったの!」

違う。

マインドの叱咤激励も正しいけれど、

理由が、なんか違う。

すべて、まるっと、これでいいのだ。

「でも、だから何?」

私の思いは、ただそれだけ。

それでも、何かしたいんだ。
あれもいい、これもいい、
むしろ、いいも悪いもないけれど、
それでも、「これがいい」「これがしたい」と言いたいんだ。

ただ、

その、「どれがいい」のかが、
「どれをしたい」のかが、わからない。

私がやりたい事って、何?
私ができることって、何?
私が生まれてきた理由って、何?

それを見失ってしまった。
だって、今までの「これがいい」「これをしたい」を支えていた、理由が成り立たなくなったから。

根源的な問いにぶつかる。

「何をしたい?」

一体、生まれてきて、何がしたかったんだろう?

文字に起こすと、まるでネガティブな問いに聞こえるかもしれないけれど、

全ての見栄と、責任と、色々なしがらみと思い込みを取り払った、
とても静かな深いところで、問い直している。

「何をしたい?」

本当の意味での、生きる喜びを、

見つけ出してみたい。

数日間、記事の更新を控えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です