魂の在り方と意識・感覚

憑依

今、ものすごい吐き気の中、書いています。

吐き気・・・と言っても、本当に吐いてしまいそうじゃない。
エネルギーの観点で、吐き出したいものがあるのに、抜け出てくれない。という吐き気。

しかも、ずっとうとうとしてたのに、丑三つ時に近づいてくると、
そういえば最近妙にこの吐き気がこみ上げてきて、眠りが浅くなる・・・。

タイトルは憑依にしましたが、私には霊がわかりません。
感じたこともないし、見たこともない。

ただ、「嫌な感じー、好きじゃないな〜」と思う土地は、いわゆる幽霊が集まってるのかな〜?とは思います。

で、私が感じるのは、そういう場所に引き寄せられちゃう生きている人のエネルギーの方ですね。
生き霊って言うのかな。

生きてる人の想念は、強いと思います。

今回は、その生きてる人の想念って事で。

エンパス体質なので、こういう感じです。
という記事も以前書いた事があるけれど、
今となっては、もはや「エンパスだから何?それが普通でしょ?」って感じだったので、気にしてなかった。

というか、誰もがエンパスだと思います。
その度合いが違うだけ。
私は感受性が強くて、感覚も鋭くて、敏感だったと思います。
でも、問題は、

バランスが悪かった。

一つの見方、考え方としてはいいと思います。
それも「真実」だと思います。

でも、それはあくまで一つの見方であって、全てではない、と言いたいのですが・・・

今は頭が痛いのではしょります。

他人の毒気が気になっていた頃は、
毎日、こまめな浄化に勤しんでいました。
水道で、手に水を流し続けるだけでも少しは役立ちます。
塩で体を洗ったり、潮風呂、酒風呂で毒を出したりしていました。

夕方頃、
「あ、ヤバイ。今日は潮風呂しないとダメだ。」
って思ったけれど、
既にお風呂にさえ入りたくない気分に落ちてしまって
(↑コレ、憑依してるエネルギーが追い出されたくないから、シャワーさえ抵抗するんです!だから、本当は何が何でもお風呂いかなきゃいけなかったのにね)
体調悪いし、明日の朝にしようと思って、ゴロゴロしていました。

やっとの思いで瞑想をしている時に、
やっぱり自分の細胞の振動数がとても低くて、瞑想のエネルギーについてこれてないような感じがあって、(すみません、説明できません)
居心地の悪いまま座っていたら、

できるだけたくさん水を飲みなさい。
飲み過ぎとか心配しなくていいから、とにかく飲んで。
あとは、我々(誰?)が処理しておくから。

みたいな感じがしたのですが、瞑想終わる時には忘れてて(笑)、

でも、お風呂にいけないからせめて寝てる間にお塩を・・・と思いついて、
ジップロックにありったけの天然塩を入れて、マクラにして眠りにつきました。

・・・ところ、

気持ち悪い。吐き気がする。

あぁ、この感覚。

昔よくあった。

私の中から追い出されたくないエネルギーが必死に抵抗する時とか、

私の中に何か入り込もうとする時に、私自身が必死に抵抗する時の、

あの感覚。

・・・塩、すごい。

というわけで、今現在、アイスノンを頭に乗せた病人のように、
塩ジップロックを頭に乗せて、うなされております。

あまり、憑依とかエネルギーの奪い合いとかで物事を考えたくないのですが、
そういう場合もあるから、仕方ないよね。

せっかくだから、よく学んでおこう〜。

と思って実況中継しようと思ったのですが、

難しい(笑)

水も先ほどゴクゴク飲みました。

ここまで、人のエネルギーを引き受けてしまうまでに、
何度も気付いた機会はあったのに、
その時に、自分をケアしなかったせいですね。反省。

少しくらい、大丈夫。
ちょっとだけなら影響しない。

一日にいくつ、そんな思いがよぎっただろう。

もしエネルギーが違い過ぎれば、引っかかりさえしなかったかもしれない出来事が、
「ま、少しオーラが淀むくらいすぐに治せるし、いいか〜」
ってしてしまった時に、
マーヤは待ってましたとつけいって、
「なんだか、やる気ないからサボっちゃおう。」
と浄化しなくなっていき、

気付いたら、普段だったら出会っても、同調できない負のエネルギーをどぉぉんともらってしまう。

どう考えたって、自己責任。

うん、そう!!

人の負のエネルギーを受け取っちゃうのは、「自己責任ですよ!」って言いたかったのです。

例えどれだけ相手が悪かろうと、
魂の視点で見たら、

相手は相手。
自分は自分。

相手がどんな毒気を纏っていて、それを周りに与えていようと、
その人の行為(在り方すら行為)の結果は、その人自身にのみ影響を与える。

私に影響を与えるのは、私の行為(在り方、思考含む)のみだ。

書いてる途中で吐き気がピークだったのですが、
落ち着いてきました。

今度は頭が痛い( ̄◇ ̄;)

寝ますー!
おやすみなさい!!!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です