魂の在り方と意識・感覚

自己嫌悪

ガンジス川

「私って、本当に、弱いな」って思った。

自分の器の狭さに、嫌気がさす。

「あぁ、未熟だな。」

って、凹んでいる時、

不思議な事に、心の奥底はしっかりとしている。

意識の表面では、

打ちのめされて、疲れて、途方にくれているのに、

そんな己の未熟さを正面から受け止めることの出来る時は、

マインドは
「あぁ、痛い。辛い。面倒くさい。嫌だ。」
って言っているのに、

心は中心にどっしりと構えて、安心している。

マインドが納得して、

自分の正しさを主張してばかりの時には、

心は姿を現さない。

いや、心に目が向いていない。

心に目を向けると、たいてい、

サワサワサワ

カサカサカサ

って、落ち着かない音がしているだろう。

あまり聞きたくない音だな。

と思っても、カサカサカサ に耳を傾けて、

振動数を同調させていくと、

さみしいよ、
悲しいよ、
苦しいよ、

って聞こえてくる。

だから、

「あぁ、私の未熟さの上に成り立っていたエゴなのね。」

って気付く。

そうすると、認めたくなかった欠点が、明らかになってくるのだ。

それは居心地のいいものじゃないから、思わず呟く。

「私って、未熟だな。情けないな。嫌だなぁ。」と。

でも、その時には、同時に思うのだ。

「さぁ、しっかりと受け止めて。
深呼吸して。

やっと、1歩、進むことが出来るんだね ♪」

って、説明できない安心感と、喜びがジワリと広がる。

羽を休めて、

傷を確認しながら、

ホッと一息ついて、眠ることが出来る。

そんな安らぎの場所。

心にいつもそんな場所を与えられるように。

忘れても、すぐに用意できるように。

私が羽を、休める場所を。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です