魂の在り方と意識・感覚

この一ヶ月、眠くて眠くて仕方ありません。

そして、夢が夢じゃないみたいなのです。
ハッキリと「私」という自我を持ちながら、一生懸命生きています。

夢での体験の方が疲れるくらい、今あちらの世界で私は勝負どきなのかな?



今日はどうでもいい、変な夢の話です(笑)

先日の誕生日は、その世界で私の住む部屋に、白い蛇が住み着きました。
現実の世界では彼のいる村に近いかも。でも日本にも近い。

どうやら、夢はだいたいその町での出来事がその後も続いているようです。

でも、ハッキリと覚えていません。
夢から覚めた時は覚えていて、必死に記憶にとどめておこうと思うのに、
覚えていられない。

神秘的なこともあれば、嬉しいことも悲しい事もある。


今朝、ふと目を覚ました。

夢の中ではずっと彼と一緒だった。
今日はゆっくり眠れるし、夢の続きを見ていたい。
夢の記憶を引っ張り出しながら思い出していたら、多分さっきの続きへと入っていった。

しばらくは彼がいた。

けれど、途中から姿が見えなくなった。
家に戻ってもいない。
友達から、彼は○○へ行ったよと言われる。
仕事があるみたい。

その間、彼に電話もできず何か面倒なことが目の前で展開されていく。。。

早く携帯充電できないかな。彼に電話したいのに。


そわそわしながら、再び目が覚めた。

うわっ、もうこんな時間だ。


朝ごはんを食べながら、
夢を思い出していた。
一晩中多分一緒にいてどこかに行ったり仕事したり遊んだり一生懸命力を合わせて過ごしていたから、最後どこ行っちゃったのかやたらと気になった。

夢で彼の友達は、仕事で必要なものを買いに行ったと教えてくれたけれど、私は不安だった。(夢)


寝ぼけたまま電話をかけてみた。(現実)

もうシッカリ働いていた。(現実)
今日は早いんだね、というと、
今日は6時から働いているという。

あぁ、私が夢の中で彼を見失った時間くらいか。

「私は、今起きたよ。
夢でね、ずっと一緒にいたのに、あなた突然消えてしまったから、ずっと探してたんだよ。」

とまだ夢うつつで話す。

と、今朝は○○が必要だったから町まで買いに行ってて、今戻ってきました。
という。

夢で彼の友達が教えてくれたこと、本当だったんだ・・・。

不思議だよね。


彼が起きたから、夢の世界から消えてしまったんだろうか。
同じ時間に眠れば、夢で会えるんだろうか。

(ちなみに、重いでしょうが、私は夢ではいつも彼といます。
べったり一緒ではなくて、家に帰れば会える状況にいる。
時々、夢で彼に会わずに違う人たちと楽しんで過ごすと、起きた時に後ろめたさすら覚えます。
面倒くさい女だな、自分。)


夢の世界に入り浸り過ぎなので、ちょっと現実に戻ってこなくちゃと思い始めているところです。
夢でね、もっと凄い事も経験してるっぽいんだけど、
なんかその辺はもやがかかって全然思い出せない。


ただ、とても大切なことやこれからのこと、アドバイス、色々と見てるんだけどなぁ。

その辺りも気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です