魂の在り方と意識・感覚

癒しの力




おはようございます。
土日に東京の瞑想の先生のところへ行ってきました。
前日から泊まらせてもらって、色々とエネルギーを受け取りながら過ごしたので余計に濃い滞在となりました。
もたもたと成長することを躊躇っていたら、置いていくぞといはんばかりに次々と課題が与えられていきます。
全てエネルギーのやり取りなので目には見えないけれど、前日から一緒にいた先生の友人が先生や私の話から、そういう超感覚があるのっていいね、みたいに言った時に、私の中で凄い衝撃が走った。
なぜなら、私にとってその方は、私なんかは足元にも及ばない存在なのだろうと思うくらいにパワフルで愛に溢れた方だったから。

その友人の方は、かつてインドの魔法学校みたいなところで行をしていたそう。
とても明るい看護師さんです。その方からは、ヒーリングの力みたいなものがずっと溢れ続けていました。とにかく暖かいものに満ち溢れてる。
でも、「そういうものを感じたりする能力が自分にはないのだ」「多分、敏感だったらこの仕事(ナース)ができないと思う。だから、これで(感じない体質で)良かったんじゃないかって最近思う」と言っていました。
先生が「それが使命なんだよ」と言いましたが、私もそうだと思った。
その方に接するだけで、パワフルな癒しの力が流れてくる。病院という場所は、実際にどこよりも強い癒しのエネルギーの必要な場所。そこで日々出会う方達を癒していくには、相当のエネルギーが必要で、敏感な体質ではきっとやってられない。負のエネルギーもたくさん代わりに引き受けてしまう。
その場所で愛のパワーを与え続ける彼女と一緒に過ごして、その凄さにずっと感動していました。だって本当に癒しの力が半端ないんだもん。こういう人こそ「ヒーラー」だと思った。
なんて謙虚で尊い方なんだろう、とたった2日で大ファンになってしまいました。

敏感な体質を「大変だね」と言われることもあれば「羨ましい」と言われることもありますが、私には一般的感覚が大方わからないし、空気が読めません。
でも、私にはこの感覚の組み合わせが必要だったんです。きっとただそれだけのこと。
感じない事は、けして悪いことじゃないし、感じることもけして悪いことじゃない。それぞれの個性は、各々に必要だからそうなっているのだと思います。

一人一人が、選んできた個性を発揮して、この人生でやりたかった事をしていけるといいですね(^^)
私は、それが一番大切な事だと思っています。そして、私も自身の使命を探しています。

一人一人が個性を発現している世界になることを夢見て、
ここで自分にできることをしていくことがとても大切なんだろうな。

素敵な出会いに感謝。

全ての出会いに感謝。

少しでも、愛に溢れた人たちに近づきたいな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です